B-nest(ビネスト) 静岡市産学交流センター・静岡市中小企業支援センター

静岡の起業・中小企業を応援します。起業相談・経営相談・ビジネスセミナーなどを行っています。
ヘッダー写真・経営相談
文字サイズ
B-nest(ビネスト)TOP > 産学連携推進事業 > 地域課題に係る産学共同研究委託事業 > 平成27年度研究成果 株式会社トマト

地域課題に係る産学共同研究委託事業

平成27年度 研究成果

障害者福祉施設内における障害児(者)移動システム

[委託先団体]  株式会社トマト
[連携大学]  静岡福祉大学社会福祉学部 講師 木下寿恵
[連携団体]  社会福祉法人小羊学園 重症心身障害児施設 つばさ静岡

目的

重症心身障害児(者)が入所している福祉施設の中で、身体の硬直などで座位が取れない重症心身障害児(者)は、床に畳やマットを敷いた居室で生活し、日中は集中管理のためデイル−ムへ移動しています。その場合に、介助者及び要介護者の心身負担は大きなものとなっています。(移乗介助の現状:要介護者1名の移乗に、介助者3〜4名が必要)

本研究では、重症心身障害児(者)が入所している福祉施設で使える、安全で安心な介護リフト移動システムの開発を目指しました。

成果
■本システムの構成
[写真1:移乗シート] [写真1:移乗シート]
・大・・・幅80cm × 長さ180cm(写真奥)
・小・・・幅80cm × 長さ150cm(写真手前)

[図1:本研究の成果・試作品図面/移乗シート] [図2:本研究の成果・試作品図面/ストレッチャー]

[図1・2:本研究の成果・試作品図面]

■本システムの特徴

(1) 寝たままの姿勢で吊り上げができるシートと簡易構造のストレッチャーです。
(2) 要介護者の安全が担保され、身体的な負担と心身的な不安が軽減できました。
(3) 介助者の身体的な負担を軽減でき、安全に移乗介助が行えました。

本システムの特徴1 本システムの特徴2 本システムの特徴3
寝たままの姿勢から身体を横向きに(体位変換)しながらシートを装着する。
専用バーを取り付け、介護リフト(電動)を使って専用ストレッチャーに移乗する。
まとめ

要介護者、介助者、試作メーカーともに満足ができる新たな介護リフト移動システムが開発できました。

概要報告書のダウンロード

コンテンツメニュー
ページトップに戻る
〒420-0857 静岡県静岡市葵区御幸町3番地の21
ペガサート6階・7階[地図]
TEL:054-275-1655 TEL:054-275-1656