B-nest(ビネスト) 静岡市産学交流センター・静岡市中小企業支援センター

静岡の起業・中小企業を応援します。起業相談・経営相談・ビジネスセミナーなどを行っています。
ヘッダー写真・経営相談
文字サイズ
B-nest(ビネスト)TOP > 産学連携推進事業 > 地域課題に係る産学共同研究委託事業 > 平成23年度研究成果 藤浪木工所

地域課題に係る産学共同研究委託事業

平成23年度 研究成果

世界初 お茶の残渣を用いた塗料の開発と商品化

【委託先団体】有限会社藤浪木工所
【連携大学】静岡大学教育学部 松永泰弘 教授、竹下温子 助教

目的

産業廃棄物として捨てられるお茶の抽出残渣を有効利用するために、その残渣を微粉末化した原液から世界初のお茶塗料を開発し、さらに、お茶塗料の持つ抗菌作用や消臭効果などを検証して、その機能を付与した新たな製品を試作開発し商品化を目指しました。

成果

1. お茶残渣塗料の抗菌効果
大腸菌・大腸菌群・黄色ブドウ状球菌について、お茶残渣原液塗料は下の写真に示されたような阻止円を形成しました。

有限会社藤浪木工所_イメージ1

2. 環境に配慮した「ものづくり教材」への活用
市内の中学校を対象に、デザイン加工したボール紙にお茶の塗料を塗布し、芳香剤を製作する実習を行いました。生徒達は世界初のお茶の塗料にとても興味を示しました。

有限会社藤浪木工所_イメージ2

3. 商品化に向けて
今回の共同研究では
  (1) うちわ
  (2) 生活空間用(車載など)の消臭・芳香剤
  (3) フィルター(消臭)を使ったインテリア
を試作しました。
デザイン等は自由に変えられ、天然素材の塗料で体にも環境にも優しい製品が完成しました。

有限会社藤浪木工所_イメージ3

今後は、お茶塗料で和の匂いを生活空間で感じられるような製品をさらに開発していく予定です。

概要報告書のダウンロード

コンテンツメニュー
ページトップに戻る
〒420-0857 静岡県静岡市葵区御幸町3番地の21
ペガサート6階・7階[地図]
TEL:054-275-1655 TEL:054-275-1656