B-nest(ビネスト) 静岡市産学交流センター・静岡市中小企業支援センター

静岡の起業・中小企業を応援します。起業相談・経営相談・ビジネスセミナーなどを行っています。
ヘッダー写真・マーケティング支援講座
文字サイズ
B-nest(ビネスト)TOP > 産学連携推進事業 > 地域課題に係る産学共同研究委託事業 > 平成24年度研究成果 有限会社生陽会

地域課題に係る産学共同研究委託事業

平成24年度 研究成果

認知症改善プログラムの研究開発

【委託先団体】有限会社生陽会
【連携団体】稲垣有里(屋号:染織ユトリ)
【連携大学】静岡福祉大学 教授 野坂俊弥、准教授 齋藤剛、専任講師 岩本勇(産官学連携推進センター センター長)

目的

厚生労働省研究班の調査によると、平成24年において全国で65歳以上の方の認知症の有病率を15%と推計し、約462万人の方が認知症であると推定されるという発表がされました。認知症は早期発見・早期対応により症状の進行を緩和できることもわかっており、症状を改善するために、高齢者介護施設においては軽い運動、音楽、ゲームや料理などの時間を設け、認知症対策プログラムを採り入れるようになっています。
本事業は、新たに認知症対策プログラムを開発し社会に普及していくことを目的に、静岡福祉大学、染織ユトリと有限会社生陽会の三者で取り組んでいます。新たなプログラムにおいて使用するものは、連携団体の染織ユトリ代表が考案した結十布(ゆいとおふ)という風呂敷に似た布です。
プログラムを介護職員が考案し、施設内で実践しその効果を検証しました。

有限会社生陽会_イメージ1 有限会社生陽会_イメージ2
結十布 プログラムの検討
有限会社生陽会_イメージ3 有限会社生陽会_イメージ4
プログラムの実践
成果

5つのプログラムを考案し、施設内で実践しての効果を調べたところ、みんなで集まってやるので参加者の快適性が得られていることがわかりました。また、改善効果については短期間の調査であったので有意な差は認められませんでした。
今後は、今回開発したプログラムを更に実践・検証し、効果的なものにしていく予定です。

概要報告書のダウンロード

コンテンツメニュー
ページトップに戻る
〒420-0857 静岡県静岡市葵区御幸町3番地の21
ペガサート6階・7階[地図]
TEL:054-275-1655 TEL:054-275-1656