B-nest(ビネスト) 静岡市産学交流センター・静岡市中小企業支援センター

静岡の起業・中小企業を応援します。起業相談・経営相談・ビジネスセミナーなどを行っています。
ヘッダー写真・しずおかビジネスプランコンテスト
文字サイズ
B-nest(ビネスト)TOP > 産学連携推進事業 > 地域課題に係る産学共同研究委託事業 > 平成29年度研究成果 するが夢苺株式会社

地域課題に係る産学共同研究委託事業

平成29年度 研究成果

省力的石垣イチゴ栽培技術と端境期用商品の開発

[委託先団体] するが夢苺株式会社
[連携大学] 静岡大学農学部 教授 鈴木克己、静岡英和学院大学短期大学部 教授 前田節子
[連携団体] 久能いちご産地研究会

目的

100年以上の歴史を持つ静岡市の久能石垣イチゴですが、高低差がある山の中腹を利用しているため、上下のハウス内環境が異なり収量にばらつきがあることや、石垣を組みなおす作業、多棟ハウスの窓の開閉作業などが重労働のため苦戦しています。

本研究では、石垣イチゴ生産に関する基礎的データ採取、問題点抽出、改良点の提示、省力的な石垣イチゴ生産技術の基本設計の作成、端境期対策の石垣イチゴオリジナル品の試作を目的としました。

[写真1:静岡の石垣イチゴハウス]
[写真1:静岡の石垣イチゴハウス]
成果

ハウス内環境や生産過程の調査を行った結果、石垣の組み立てが重労働であること(写真2)、高低差により上下で灌水量が異なり、下部の方が2.8倍多いこと(図1)、ハウス内気温は冬季においても高く保たれ、地温も10〜15℃で安定していること(図2)などが明らかになりました。

[写真2:石垣組み立て作業]
[写真2:石垣組み立て作業]
[図1:ハウス上部と下部の積算流量(灌水量)]
[図1:ハウス上部と下部の積算流量
            (灌水量)]
[図2:冬季のハウス内温度と地温の変化]
[図2:冬季のハウス内温度と地温の変化]

また、端境期対策としてイチゴをパウダー化することで、様々な商品開発が可能になりました(写真3)。

[写真3:イチゴパウダーの用いた試作品] [写真3:イチゴパウダーの用いた試作品] [写真3:イチゴパウダーの用いた試作品] [写真3:イチゴパウダーの用いた試作品]
[写真3:イチゴパウダーの用いた試作品]

以上の調査から、現状の課題に対しての改良案を取りまとめました(表1)。

[表1:石垣イチゴの安定生産のための課題対応]
[表1:石垣イチゴの安定生産のための課題対応]
まとめ

静岡の石垣イチゴ安定生産のために栽培環境や生産過程を調査し、今後の改良案をとりまとめました。端境期対策として、イチゴパウダーを用いた商品開発を行いました。

化石燃料を使用せず、太陽熱を利用した栽培は、地域のエネルギー資源を有効活用している好例であり、石垣イチゴ生産は今後も静岡市の観光資源の一助となることが期待できます。

概要報告書のダウンロード

コンテンツメニュー
ページトップに戻る
〒420-0857 静岡県静岡市葵区御幸町3番地の21
ペガサート6階・7階[地図]
TEL:054-275-1655 TEL:054-275-1656