B-nest(ビネスト) 静岡市産学交流センター・静岡市中小企業支援センター

静岡の起業・中小企業を応援します。起業相談・経営相談・ビジネスセミナーなどを行っています。
ヘッダー写真・マーケティング支援講座
文字サイズ
B-nest(ビネスト)TOP > 産学連携推進事業 > 地域課題に係る産学共同研究委託事業 > 平成27年度研究成果 株式会社ニッケー工業

地域課題に係る産学共同研究委託事業

平成27年度 研究成果

【脳の積極活動】の為の声と音と香りの木工模型の商品開発

[委託先団体]  株式会社ニッケー工業
[連携大学]  静岡福祉大学社会福祉学部 教授 齋藤 剛、専任講師 岩本 勇
[連携団体]  円と丸企画、有限会社小林工芸、静岡県工業技術研究所

目的

「高齢化」による認知症患者の増加、「核家族化」による孤独老人の増加、「静岡離れ」による人口減少などの問題を抱えています。

そこで、「見る・触る・考える・懐古する・聴く・嗅ぐ」といった機能や「家族で楽しめる」仕掛け、「静岡に纏わる民話」などのコンテンツを、静岡の地域産業のひとつである木工模型に組み込み、「認知症予防の為の脳の活性化」や「家族団らん」、「静岡の原点回帰」できる商品として、「プロダクト−i(愛)」(写真1)の開発を行いました。

[写真1:木工模型外観]
[写真1:木工模型外観]
成果

プロダクト−i(愛)は、次のような刺激で、「脳の活性化」を支援する製品にすることができました。

(1) 懐古性の高い水車小屋の木工模型により、風景や部屋の内部をオリジナルにカスタマイズして(写真2、写真3)、「見る・触る・考える刺激」を与えることができました。

[写真2:外観をカスタマイズ]
[写真2:外観をカスタマイズ]
[写真3:模型内部の作り込み]
[写真3:模型内部の作り込み]

(2) コントローラ(写真4)の6つのボタンに、絵本や季節の歌などを設定し、内臓されている音声装置から音声を出力することにより、聴覚刺激を与えることができました。また、それらのコンテンツをメディアカードに記録し、季節や月毎に差し替え、違うコンテンツを楽しむことができるようになりました。

(3) また、木工模型を使い、演じることによって、「家族団らん」や「施設」の中でのコミュニケーションを活発化することができました。

[写真4: コントローラ]
[写真4: コントローラ]

概要報告書のダウンロード

コンテンツメニュー
ページトップに戻る
〒420-0857 静岡県静岡市葵区御幸町3番地の21
ペガサート6階・7階[地図]
TEL:054-275-1655 TEL:054-275-1656