B-nest(ビネスト) 静岡市産学交流センター・静岡市中小企業支援センター

静岡の起業・中小企業を応援します。起業相談・経営相談・ビジネスセミナーなどを行っています。
ヘッダー写真・経営相談
文字サイズ
B-nest(ビネスト)TOP > 産学連携推進事業 > 地域課題に係る産学共同研究委託事業 > 平成29年度研究成果 日本オーガニック株式会社

地域課題に係る産学共同研究委託事業

平成29年度 研究成果

野菜残渣および果樹剪定枝の木質ペレット化による雑草抑制資材の開発

[委託先団体] 日本オーガニック株式会社
[連携大学] 静岡大学農学部 教授 稲垣栄洋
[連携団体] 静岡県工業技術研究所

目的

静岡大学農学部の基礎研究によると、キウイフルーツや柑橘類のミカン剪定枝、トマトの収穫残渣に雑草抑制効果があることがわかりました。農作物を生産する際に、大量に排出される残渣や剪定枝は、その処理に手間や費用がかかるため大きな課題となっています。

そこで本研究では、残渣や剪定枝を現場で使い易いようにペレット資材化を試みます。フィールドにて効果を検証するとともに、成分分析についても確認します。自然物から生まれた環境にやさしい雑草抑制材として、商品化することを目指します。

[写真1:キウイ剪定枝で作成したペレット]
[写真1:キウイ剪定枝で作成した
            ペレット]
成果

静岡県工業技術研究所の協力により、キウイフルーツやミカン、トマトの農業残渣をペレット資材化することに成功しました。試作したペレットを使用し、雑草抑制についての試験を行いました。雑草抑制効果はペレット資材を地面にすき込みし、雑草が地面を覆い隠す度合い(被度)で評価をしました。

今回の試験で用いた農業残渣から作ったペレットに雑草抑制効果があることが確認されました。また、同じ原料でも粉末やチップに比べてペレット資材化することで雑草抑制効果が高まることがわかりました。

[写真2:無処理区]
[写真2:無処理区]
[写真4:農業残渣ペレットの使用場面]
[写真4:農業残渣ペレットの使用場面]     
↓
[写真3:ペレット・すき込み]
[写真3:ペレット・すき込み]
まとめ

農業残渣をペレット化することで、チップや粉末の形状と比較して、高い雑草抑制効果の得られることが明らかとなりました。これらの農業残渣によるペレットは、被覆効果に加えて化学的な雑草防除効果を有しており、ウッドチップよりも雑草抑制効果が優れていることから、ウッドチップの代替材として活用できると考えられます。

今後、さらに研究を進めるとともに、農業残渣の回収から商品の製造・販売まで一連のビジネスモデルを確立し、農業残渣の有効活用を目指します。

[図1:商品パッケージ(イメージ)]
[図1:商品パッケージ
(イメージ)]

概要報告書のダウンロード

コンテンツメニュー
ページトップに戻る
〒420-0857 静岡県静岡市葵区御幸町3番地の21
ペガサート6階・7階[地図]
TEL:054-275-1655 TEL:054-275-1656